Xserverでワードプレスをインストールする方法

Xserver ワードプレス

世界で構築されているウェブサイトの多くにWordpress(ワードプレス)が導入されています。

WordPressをインストールすると、ウェブサイトの編集や記事の投稿などが非常に簡単になります。

実は、本マニュアルもWordpressを導入し立ち上げたウェブサイトの一つです。さっそく、Wordpressをインストールする作業を解説します!

WordPressのインストール方法

本ブログで推奨しているMixHostでワードプレスをインストールする方法については、以下のマニュアルを参照してください。

参考 簡単アプリインストールでWordPressをインストールする方法MixHost

上記マニュアルのうち、はじめてブログを運営する人が迷いそうなポイントに絞っていくつか補足します。

プロトコルの選択

http://からはじまるサイトか、https://からはじまるサイトか(SSLサイト)を選択できますが、特に希望がなければ「https://」からはじまるウェブサイトを構築することをおススメします。

またwwwの有無についても設定できますが、wwwの有り無しは、どちらでも好きな方を選択してください。

ディレクトリ

仮に「https://rich-today.com/sabu/」にワードプレスをインストールすると、トップページがhttps://rich-today.com/sabu/になります。

つまり「https://rich-today.com/」と「https://rich-today.com/sabu/」(副サイト)を区別して管理することが可能になりますし、Google等の検索エンジンもそれぞれ別のウェブサイトとして認識します。

サブ(副)のサイトは、会員制サイトの運営などに利用するのが一般的ですが、必ずしも構築する必要があるわけでもありません。

サブ(副)のサイトは、メインサイトを立ち上げた後に、必要性を感じたら立ち上げるのが一般的です。

そのため、MixHostでWordpressをインストールする場合においても、ディレクトリの部分は「空白」にしておいて問題はありません。

Admin Password

極力難解なパスワードを設定することをおススメします。管理画面を突破されると、せっかく構築したブログが破壊されたり、ウィルスを仕込まれる危険性もあります。

パスワードを自動で生成するウェブサービスなどを利用すれば安心です。

参考 パスワード生成(パスワード作成)ツールLUFTTOOLS

管理画面へログイン(2)

さっそく、あなたのサイトのログインURLを訪問してみましょう。

ログインURL

初期のログインURLは「http://ドメイン文字列/wp-admin/」です。

Wordpressにログインできない!

WordPressの管理画面にログインすると「反映の設定待ちか存在しないアドレスです」表示されることがあります。

WordPressの管理画面にログインできない場合、「ネームサーバー設定」と「MixHostのドメイン設定」がきちんと反映されているか確認してみましょう。

ネームサーバーの設定について詳しくは以下の記事をご覧下さい。

お金になる「記事」の書き方

MixHostの場合、設定が反映されるまでに丸一日ほどの時間がかかることも珍しくないので、ログインできなければ1日時間を置きましょう。

ユーザ名、パスワードを入力すれば、ウェブサイトの編集画面にログインすることが可能です。

WordPressの管理ページにログインしたら、管理画面左上のサイト名が表示された部分をクリックしてみてください。あなたのウェブサイトが表示されるはずです。

お疲れ様でした!

最後に

WordPressを導入したら、管理画面から基本設定を完了させましょう。

詳しい情報は以下の記事を参考にして下さい!

ブログ 構築wordpressブログを構築する5つの手順~今日から情報発信できます!