ブログで使用する画像はどのようして調達していますか?

ブログ 画像

ブログで使用する画像については、わたしも情報発信初心者の時はかなり気にしましたが、今ではあまり気にしていません。なぜならば、、、、

勝負するところは画像じゃなくない?

「幽遊白書」や「HUNTER&HUNTER」などの人気作品でお馴染みの冨樫義博(とがし よしひろ)先生は、漫画家の卵に、以下のようなメッセージを送りました。

冨樫義博先生からの助言

話の勉強をして下さい。苦労するのが嫌なら凄いキャラを作って、そいつが動くのに任せて下さい。漫画家になりたいなら絵を描いている暇なんてないはずです。

わたしも富樫先生にならって「ブログで飯を食いたいなら、画像なんかで悩んでいる暇なんてないはずです。」というメッセージを送りたいと思います。

無料で著作権フリー、商標利用OKの画像を見つける方法は、インターネットで検索すればいくらでも見つかります。

しかし画像にこだわろうとすれば、無料で手に入る画像では満足できないはずです。

わたしにも「Googleの画像検索で適当な英単語を検索してみつかる画像をなんとか利用できないかなぁ??でもなぁ、後で著作権違反で訴えられたり、Googleからペナルティーを食らうのもリスク高いしなぁ~」というような、邪な考えが頭に浮かんだこともありました。

でもそのように抜け道がないか探す時間も、無料で使える画像がないか探す時間も、全部れっきとした「コスト」なんですよね。

そもそもブログにアクセスが集まっていない状況で、見た目を気にするという発想をすること自体「センスがない」ですよね。

わたしはそのことに気づいて、最初に構築したブログ(ちなみに現在放置していますが、それでも20万PV~30万PVほどあります。)では、無料で手に入る画像しか使用しませんでしたが、それで何も問題はありませんでした。(Googleアドセンスの審査も通過できましたよ!)

今現在は、(本記事のように)きれいな画像を利用していますが「きれいな画像を利用したいから」という理由だけで有料画像を利用しているわけではありません。

むしろ「有料画像サービスのほうがイメージに合う画像をすぐに探せてすぐに編集できるから大幅に時間の節約になる。」という理由のほうが大きいです。

最後に

読者はコンテンツをチェックしにあなたのブログに訪問するのであって、きれいな画像をチェックしたいのではありません。まずはコンテンツづくりに集中しましょう。

画像はあとで張り替えることだってできますから、「画像どうしよう。」という本質とは程遠い悩みに時間を割くべきではありません。繰り返しになりますが、コンテンツづくりに集中しましょう。