ほぼ毎日ブログ記事を投稿しています。でもアクセス数が伸びません。

ブログ アクセス 伸びない

情報発信をはじめた当初は「やるぞ~~!!」と鼻息の荒かった人でも、時間が経過すればするほど冷静になってきます。

1か月、2か月と時間が経過したころには、「あれ・・・オカシイ・・・・全然アクセスないじゃん。。。こんなコスパ悪いことやってる場合じゃないんじゃないか?」と疑心暗鬼になることは珍しくありません。

そこで今回は、「毎日ブログを更新しているのにアクセスがこない!」と頭を抱える初心者に向けて、アドバイスしていきたいと思います。

基本的なスタンス

残念ながら、、、、、あなたのブログにアクセスを呼び込む確実な方法というものはありません。

「そんなことを聞きたいわけじゃない。」とあなたは反発するかもしれませんが、わたしは真実を伝えたいのです。

あなたには3つの選択肢があります。

選択肢#1) 夢から醒めない

1つ目の選択肢は「夢から醒めない」という方法です。

おそらくあなたは冷静になってしまったからこそ、「このままでは理想を実現できない」と悲観し、焦ってしまっているのだと思います。

そう。あなたの焦りの直接的な原因は「冷静になってしまったこと」にあるのです。

「熱心にブログで情報を発信すればいいことがあるに違いない。」という不確かな希望を信じることができれば、悩みは嘘のように消えるはずです。

とはいえ、一度冷静になってしまった人に「もう一度、夢を信じよう!」と呼びかけるのも酷だということは理解しています。例えるなら離婚寸前の夫婦に「もう一度やりなせないの?」とアドバイスするようなものだと思います。

そこであなたにおススメするのが2つ目の選択肢、もしくは3つの目の選択肢です。

選択肢#2) 期待値を下げる

情報発信をスタートさせる前、あなたにはなにかしらの基準があったと思います。

例えば「ブログ記事を100記事投稿すれば、●●万円稼げる」というような基準のことです。

しかし残念ながらそのような基準を達成したとして、本当に理想通りの結果がでる可能性はゼロとはいいませんが、100%ではないことは確かです。

なぜならば「頑張ったら報われる」というような価値観は「真っ赤な嘘」だからです。

そもそも、、、、もし本当に努力が100%報われるような社会だったら、あなたはブログで情報発信する必要があったのでしょうか?

「ブログでお金を稼ぎたいと思うようになったあなたの状況」に目を向ければ、この世の中は「頑張れば成功するかもしれないし、成功しないかもしれない」というほうが真実に近いということは納得できるはずです。

ここまで説明したところで、いきなりですが質問です。

1か月頑張った人と、2か月頑張った人は、どちらのほうが情報発信で成功する可能性が「高い」でしょうか?

そう。短期間で結果を出すというのは、誰にとっても難しいことなのです。

例えば、あなたが受験生だったとします。もし「受験勉強する期間は、あなたの好きに決めていいよ。」と提案されたら、あなたは受験勉強の期間をどのように設定しますか?1年?2年?3年?

情報発信は受験勉強ではありません。ですから1か月や半年、1年で結果を出さなければいけないと、自分で自分にプレッシャーをかける必要すらないということは覚えておきましょう。

わたしは何の才能もない人間だったので、自分に徹底的に甘くしました。「わたしなんかが情報発信で成功しようと高望みするんだから、すぐに成功できなくてもしょうがないよな。」と割り切りました。

自分に甘くした結果、自分に厳しすぎるライバルのほうが勝手に脱落していきました。(笑)

つまり情報発信における成功要因は、「良質な記事を執筆する」とか、「読者に価値を与える」という、誰でも気づくことだけではないということです。

あなたはどのようなスタンスで情報発信に挑戦しますか?自分を甘やかしすぎるのも問題ですが、あまりにも厳しくしすぎるのも問題だと思いますよ?

選択肢#3) 動機を切り替える

情報発信ですぐに挫折する人のほとんどは「コスパを重視」します。

コスパを重視するということを、よくよく考えてみると、要するに「お金の問題」を気にしているわけです。

わかりやすくいうと「儲かれば頑張るし、儲からなければ頑張れない」というメンタリティーで情報発信に挑戦しているわけです。

さて、あなたは「お金」をモチベーションの源泉にして頑張れるような人間なのでしょうか?

あなたはもしかしたら「そうです。ぶっちゃけ、わたしはお金が大好きです。」と答えるかもしれませんが、わたしは「そうである可能性は低い」と思います。

なぜならば、本当にお金が大好きな人であれば、お金をつかむためにもっと必死になっていると思うからです。

「頑張るか頑張らないか?」という二択を突き付けられた時に、お金のことを少し想像しただけで疲れがすべて吹き飛ぶような人が「お金が大好きな人」です。

ですから情報発信で結果を出す前に「モチベーションが下がる」ということを経験した時点で、あなたは本当にお金が大好きなわけではない可能性が高いと思うのです。

もし心当たりがあるのであれば、あなたの動機となるものは「お金」ではありませんので、あなたはお金以外に情報発信を継続する動機を調達しなければいけません。

わたしの場合、たくさんの情報を発信してきましたが、自分がくだらないと思う情報発信をするのは苦痛で苦痛でしょうがありませんでした。

情報発信に挑戦する人の多くが、「他人はどのような情報を求めているのか?」ということを最初に検討するのですが、わたしは他人のことより先に「自分のことを考えたほうがいい」と思います。

なぜならば、自分がどのようなことに興味関心があるのか?ということを真剣に考えられない人間が、他人の気持ちなんてわかるわけがないと思うからです。

そもそもあなたはどのような情報を発信したいのでしょうか?何をしているときに嬉しいのでしょうか?

情報発信で結果を出す上で、「他人の気持ちを動かす」ということは避けることのできないハードルです。商品を購入してもらうのもそうだし、SNSのいいねを押してもらうのもそうだと思います。

他人の気持ちを動かそうと思うとき、誰しも必ず参照するのは「自分の感情」であるはずです。もし自分の感情的な働きが貧相であれば、きっと他人にも伝えたいことは伝えられないと思います。

「このまま情報を発信しても成功するイメージが湧かない・・・」と悩んだタイミングで、是非とも「実は自分のやりたいことはこれじゃないのでは?」と自問自答してみることをおススメします。

もし自問自答するのが面倒というのであれば、やりたくないことでも金のために頑張るしかありません。そういう人は金輪際「やる気がない」なんて言い訳してはいけません。

あなたはお金のために頑張りますか?それともお金以外の動機付けによって頑張りますか?

最後に

アクセスが伸びない・・・・と悩んでしまった時に、技術的な原因(サーバーやブログのテンプレート 等)に目を向けることも大事なことですが、技術的な問題についてアドバイスしてくれる人はたくさんいると思います。

そこで本記事では、技術的な問題以上に重要であると(わたしが)考えていることについて触れました。

社会がクソ社会になるにつれて、これからの将来は個人が輝く時代が到来すると思います。しかしもちろん、実力のない個人が輝ける社会が到来するわけではありません。

「情報発信で結果を出したい」と心の底から願う方のために、わたしもできる範囲で情報を発信していく予定です。興味のある方は、続編を楽しみにお待ちください。